山本俊輔Shunsuke Yamamoto

Profile

脚本家 監督 作家

9月19日生まれ
立教大学社会学部産業関係学科 卒業
日本映画監督協会 会員

趣味・特技
格闘技(アマチュアレスリング、パンクラスでの練習経験あり)
B級グルメ(カレー、つけ麺、油そば、洋食)
ラジオ聴取(TBSラジオ『たまむすび』『堀尾正明プラス』にはゲスト出演歴あり)
懐かしの刑事ドラマ、和製アクション映画(研究本を執筆)

【受賞歴】

2004 『殺し屋たちの挽歌』(2003・自主製作)米・ロードアイランド国際ホラー映画祭観客賞

活動実績

≪映画≫

2015 『愛に渇く -thirst for love-』監督・脚本
(製作:『愛に渇く』製作委員会)
出演:中倉健太郎、勝又啓太、桜井麻未、原田祐輔、あんり、片桐竜次、杉本彩他
2017年2月 渋谷UPLINKにて劇場公開
2010 『破戒尼僧YUKI』監督・脚本(製作:SHOTGUNFILM)
出演:松山友紀、森山りこ、金野学武、乃木太郎、桜井愛菜他
2011年8月 下北沢トリウッドにて劇場公開
2009 『女神戦隊ヴィーナスファイブ』監督・脚本(製作:エムズワールド)
出演:森下悠里、小泉麻耶、多田あさみ、嶋大輔、モエヤン他
2009年9月 渋谷シアターTSUTAYAにて劇場公開
2007 『カクトウ便/そして、世界の終わり』監督・脚本
(製作:『カクトウ便』製作委員会)
出演・次原かな、甲斐麻美、AKIRA、蓮ハルク、小沢仁志他
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2008正式出品
2008年3月 池袋シネマロサにて劇場公開
2006 『マタニティ・ブルー』(短編)監督・脚本(製作:SHOTGUNFILM)
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2008オフシアター・コンペティション正式出品
トロマダンス映画祭2007(米)正式出品
プチョン国際ファンタスティック映画祭2006(韓国)正式出品
2003 『殺し屋たちの挽歌』(製作:SHOTGUNFILM)監督・脚本
ロードアイランド国際ホラー映画祭2004(米)観客賞受賞
アジア・アメリカ国際映画祭2004(米)正式出品
プチョン国際ファンタスティック映画祭2003(韓国)正式出品
2005年4月 有楽町イマジンスタジオ・ファンタスティックシアターにて公開

≪WEB・ネット配信≫

2010.4 BeeTVドラマ『デス・ゲーム・パーク』原作・脚本
製作:エイベックス 制作:TBS
出演・松坂桃李、井上正大、真野恵里菜、石黒英雄、佐々木希、相武紗季

≪オリジナルビデオ≫

2010.6~9 『木更津グラフィティVol.1~4』脚本 製作:エイベックス
製作総指揮:綾小路翔(氣志團)
出演:佐々木和徳、錦織純平、丸高愛実、森重一樹(ZIGGY)、氣志團ほか

≪小説≫

2016 『NOBODY~名もないヤツラの物語』(ブリジットブックス)
2014 『デス・ゲーム・ウォーズ』(TO文庫)
2013 『脱獄学園島 ハイスクール・プリズナー』(TO文庫)
2011 『絶望中学』(リンダブックス)
2010 『デス・ゲーム・パーク』(リンダブックス)

≪ノベライズ≫

2013 『テイクファイブ 名画と愛と大泥棒①②』(リンダブックス)
『リターン』(リンダブックス)
2010 『クローン ベイビー①②③』(リンダブックス)

≪ノンフィクション≫

2017 『セントラル・アーツ読本』(洋泉社)
2016 『映画監督 村川透 和製ハードボイルドを作った男』(DU BOOKS)
2015 『NTV火曜9時 アクションドラマの世界 「大都会」から「プロハンター」まで』(DU BOOKS)

≪TV≫

1999 サイエンスチャンネル『生き物たちのおしゃべりタイム』構成・演出・撮影・編集
スカパー!MusicLink『hop! smAsh!! jump!!!』構成・演出・撮影・編集

≪その他≫

2015 『DIGA 店頭用PR映像』(Panasonic)構成・演出・編集
『臥龍師範武術Howto映像』演出・編集
2014 『アイビー化粧品 社長プロモーションVTR』構成・演出・編集
2008 『ERP導入プロジェクト/EXPLANNER』(NEC)演出
2007 『おサイフケータイ・トクトクポケット』(NEC)演出
2006 『ヘアシューティカル店頭用VP』(㈱エスフィールド)撮影・編集
2005 『海上保安庁研修ビデオ』撮影・編集
2003 『JALプラザチケット予約センター研修ビデオ』構成・演出・撮影・編集

 

Pagetop