香川 則子Noriko Kagawa

Profile

生殖工学博士
日本低温医学会評議員
順天堂大学産婦人科 協力研究員
ルイ・パストゥール医学研究センター 文理融合型先端医科学研究室 研究員

 

京都大学で博士号を取得、世界最大の不妊治療専門施設の附属研究所で8年間の研究キャリアを積む。
卵子、卵巣組織の凍結保存技術開発や臓器移植技術開発など不妊症患者やがん患者を救う数々の世界初の研究成果を生み出しながら臨床応用を実現。

働き続けたい女性のための生殖補助医療技術を普及させるべく、2014年12月に独立。
研究者、教育者として大学に席を置きつつ、後輩研究者の育成と共に「がん患者の卵巣保存プロジェクト」など臨床にも積極的に参加。

科学者として医学や医術をわかりやすく翻訳し、広く中高生やキャリアウーマン、更年期女性の健康や美容の維持、改善を促し、女性が自分らしい人生を自ら選び、決断し、例え人生の一大事を迎えても後悔せずに前向きに歩んでいけるよう啓蒙活動を進め、先端医療技術開発研究12年のキャリアと国内外の共同研究先とのネットワークを活かし、女性の人生創りを複合的にサポートすることを目指す。

 

【教育歴】

2005年3月京都大学大学院博士後期課程修了、博士(生殖工学)

【受賞歴】

2006.05 1st International Ovarian Conference Award(卵子作成に関する研究)
2008.03 第145回日本獣医学会学術集会ベストプレゼンテーション賞  (ネコ科卵子凍結)
2012.03 8th International Ovarian Conference Award (卵巣移植に関する若返り研究)
2012.10 SRS2012 Prize Paper Award  Society of Reproductive Surgeons of ASRM

活動実績

≪著書≫

2015 『私、いつまで産めますか? ~卵子のプロと考えるウミドキと凍結保存~』
(WAVE出版)

≪メディア≫

2014.09 INCU・BE『考えることが博士の使命』
2014.07 日経新聞16面 『卵子凍結保存 関心高く』
2014.01 日経メディカル2月号REPORT『動き出した未婚女性の卵子凍結保存』
2013.12 DRESS(幻冬舎)『卵子凍結保存の先にある、私たちの“産む” を考える』
2013.11 朝日新聞17面 オピニオン『卵子を凍結保存しますか』
2013.10 MBS『ちちんぷいぷい』
2013.10 朝日新聞35 面 ニュースQ3『卵子の老化防ぎたい』凍結ビジネス85万円
2013.10 女性自身(光文社)『今すぐ知りたい 卵子凍結Q&A』
2013.10 DRESS(幻冬舎)『卵子凍結は働くオンナの救世主たりえるか?』
2013.09 日本経済新聞 夕刊9面 『らいふプラス』
2013.09 EX『スーパーJチャンネル』
2013.09 産経新聞 オピニオン『金曜討論』
2013.09 NTV『news every』
2013.09 CX『ニュースJAPAN』卵子凍結ほか
2013.09 NTV『NEWS ZERO』
2013.09 東京新聞『摘出保存の卵巣を体に戻し機能回復 順天堂大チーム成功』
2013.09 AERA(朝日新聞出版)『凍結だけでは産めない』
2013.09 週刊ポスト『「今すぐ卵子凍結したい!」と女性たちが大騒ぎする理由』
2013.08 CX『アゲるテレビ』
2013.08 東京新聞朝刊『女性の人生に選択肢 不確実、リスクも同居』
2013.08 読売新聞朝刊『女性の人生に選択肢 不確実、リスクも同居』
2013.08 毎日新聞夕刊 特集ワイド 続報真相『ついに来た「卵活」』
2013.07 AERA(朝日新聞出版)巻頭特集『婚前卵活で産みたい』
2013.06 CX『とくダネ!』「広がる賛否の声…卵子の凍結保存 その真相を直撃!」

 

Pagetop